FC2ブログ

イラストと写真のサイト yamashita fumiaki illust & photoのBLOGです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

F1空洞化?

ついにトヨタもF1撤退ですか。ルノーも検討中で
ブリヂスチンは2010年度での撤退が確定。
寂しい話ではありますが、環境問題などから
自動車をとりまく環境が急激に変化する中で
もはやピストンエンジンの技術を競い合うメリット
もなくなりつつある。このままフェードアウト
なんて事は急にはならないかもしれないけど
近い将来にはそうなるような気がする。

直接的な原因は経済的な理由が主なのだろうけど、
(今年のモータショーのブース二階建ては皆無)
自動車界全般が大きな曲がり角に来ている。
ソーラーエネルギーや水素、リチウムイオンなどの
新しいエネルギー源を得て、それまでの車造りの
ノウハウに左右されない新しい考え方、発想を持った
移動ツールを開発できる新興メーカーも続々と
出て来ているみたいだ。
それはそれで楽しみではあるけれど、「これ以上
車が増えたところでいいことない」という考え方も
心のどこかにあるのは事実。前にも書いたけど
雑誌のインタビューでゴードン・マーレー曰く、
「これだけの車が一斉に電動化すればバッテリーの
廃棄など新たな問題を招く。肝心なのは技術的バランス」
極論を言えば、いずれ人間の活動自体を制限しなければ
いけない時代になるのか。

自動車界の当面の目標はいわゆるゼロエミッション(排ガスゼロ)
だけど、現在の地球環境の先行き不安感や経済的不安、
エコ技術の普及率を考慮すれば無理して車に乗る必然性を
感じなくなるのは当然なのだろう。

そもそも現代社会自体がある意味バランスを失った世界で
あることは言うまでもなけど、アーサー・C・クラーク的
科学的楽観論である、「あらゆる技術的問題には何らかの
科学的解決策がある」という言葉、信じていいのかな。
さて、この先どうなるんですかね。楽しい事もそうでない事も
色々ありそうですけど。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

« blog topに戻る »

Blog menu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。