FC2ブログ

イラストと写真のサイト yamashita fumiaki illust & photoのBLOGです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

そうですよね

あんなちっこい工場のせいで
これほどの人が振り回されるというのも
なんだか不思議な感じがします。

これから汚染の程度がどれくらいに
なるかは置いておいても
日本に本当の意味での
グラウンド・ゼロが出来るだろうと
いうことを受け止めて生きていくしか
ないんだと思いますよ。

とはいえその経験を逆に日本人は
どうやって生かすかという責任みたいな
ものがあるのかもしれませんね。

それもまあ、面倒なものですけど。
at 2011-04-05 posted by iwakura
web siteURL
編集

難しい選択

連日、海水の放射性物質濃度がうなぎ昇り
ですが、あれこれ時間をかけて手を尽くし
放射性物質を垂れ流した挙げ句、ポンプを
駆動できなくて石棺に・・・じゃあ、
今まで垂れ流したのはどうすんのっていう
事も十分あり得るのですが、何しろ6基も
あるのだからタチが悪いという事は素人でも
わかってしまう。「海水で薄まるから・・」
っていうのも対世論というかその場しのぎ
の発言に聞こえてしまう。まぁ、外に出して
はいけない物質であることには違いない
わけで・・。それだけ切迫してるのでしょうね。
現場の方達はそれこそ必死なのでしょうが、
僕は今の所悲観しとります。
at 2011-04-05 posted by 管理人
web siteURL
編集

でもまあ

何度もコメントしてすみません。

それでもなお、僕は希望を捨ててはならないと
思いますよ。
海洋汚染はすごくまずいことになってますが
それが全部大気中にばらまかれなかっただけでも
まだましだったのかも。
それも人にとってはなので身勝手な話ですが。

今回の事故は確かに深刻ですが
報道などによる視聴者とかの
精神的なダメージは相当のものだと思います。

正確な事を知る事は大事ですが
ただ闇雲に危機感を煽る報道が
多すぎたんだと思います。

まあ報道自体がパニックを起こしたんでしょうね。

オウム事件の時もそうでしたけども。
at 2011-04-05 posted by iwakura
web siteURL
編集

冷静な対応か・・・

まあ、あくまでも最悪の場合の話ですが。
深刻に考えすぎるのもよくないですし。
しかしながら、「想定外」はありうるという
意味です。復旧できればいいにこした事
はないです。それを切に願います。
at 2011-04-06 posted by 管理人
web siteURL
編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

危機は続く

海水で薄まるから大丈夫って多分に希望的観測要素
を感じますがそうも言ってられないこの事態、現場は
想像以上に大変な事になってるのでしょう。さらには
エネルギー問題や現代人の生活スタイルまで広範囲に
波紋を投げかける事態になっている。

夜になると外は暗く、これ程まで制御困難な高エネルギーに
依存して生活していたのかと改めて感じる。近年声高に
叫ばれていたエコカーにしても電気的インフラがある事が
前提だったわけです。

高度に発達した運転設備や監視システム故これなら十分
制御できるという慢心が原発は安全という幻想や今回の
事故を招いたのではないか。(本当?)
津波対策の不備や水素爆発の予防設備が不十分だった点など
指摘されているようですが、もう起こってしまった事。
おざなりにしていた点がいつかほころびるのは普段の生活と
同じ。それに改めて気付かされるのが事故というものの
本質。今回の件で企業が掲げたエコの正体が暴かれたとも
言える気がする。

大事なのは、起こってしまった事に対してどう対処するか。
例えは乱暴ですが、絵でも失敗しない技術よりも失敗をカバー
する技術が大切。もちろん、原発問題だけではなく被災地の
様々な困難な問題もありますが、ニュースでよく見るコンパス
で描いたような円で危機管理ができるのか。ドライベントの際
にも拡散予測の発表もない。この対応はいただけないと僕個人
は思うのです。想定外はありうるということを十分以上に考慮
しなければ、被害の拡大は止まらない。
結局は自分自身の身は自分で守らなければいけないのですから。

長期化しそうなこの事態に対してどう向き合うか、課題は
多そうです・・・・。






スポンサーサイト

4件のコメント

そうですよね

あんなちっこい工場のせいで
これほどの人が振り回されるというのも
なんだか不思議な感じがします。

これから汚染の程度がどれくらいに
なるかは置いておいても
日本に本当の意味での
グラウンド・ゼロが出来るだろうと
いうことを受け止めて生きていくしか
ないんだと思いますよ。

とはいえその経験を逆に日本人は
どうやって生かすかという責任みたいな
ものがあるのかもしれませんね。

それもまあ、面倒なものですけど。
at 2011-04-05 posted by iwakura
web siteURL
編集

難しい選択

連日、海水の放射性物質濃度がうなぎ昇り
ですが、あれこれ時間をかけて手を尽くし
放射性物質を垂れ流した挙げ句、ポンプを
駆動できなくて石棺に・・・じゃあ、
今まで垂れ流したのはどうすんのっていう
事も十分あり得るのですが、何しろ6基も
あるのだからタチが悪いという事は素人でも
わかってしまう。「海水で薄まるから・・」
っていうのも対世論というかその場しのぎ
の発言に聞こえてしまう。まぁ、外に出して
はいけない物質であることには違いない
わけで・・。それだけ切迫してるのでしょうね。
現場の方達はそれこそ必死なのでしょうが、
僕は今の所悲観しとります。
at 2011-04-05 posted by 管理人
web siteURL
編集

でもまあ

何度もコメントしてすみません。

それでもなお、僕は希望を捨ててはならないと
思いますよ。
海洋汚染はすごくまずいことになってますが
それが全部大気中にばらまかれなかっただけでも
まだましだったのかも。
それも人にとってはなので身勝手な話ですが。

今回の事故は確かに深刻ですが
報道などによる視聴者とかの
精神的なダメージは相当のものだと思います。

正確な事を知る事は大事ですが
ただ闇雲に危機感を煽る報道が
多すぎたんだと思います。

まあ報道自体がパニックを起こしたんでしょうね。

オウム事件の時もそうでしたけども。
at 2011-04-05 posted by iwakura
web siteURL
編集

冷静な対応か・・・

まあ、あくまでも最悪の場合の話ですが。
深刻に考えすぎるのもよくないですし。
しかしながら、「想定外」はありうるという
意味です。復旧できればいいにこした事
はないです。それを切に願います。
at 2011-04-06 posted by 管理人
web siteURL
編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

« blog topに戻る »

Blog menu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。