FC2ブログ

イラストと写真のサイト yamashita fumiaki illust & photoのBLOGです

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

名画とは

今更並んでまで見に行く事もなかろうと思いつつ
上野の西洋美術館で開催中のラファエロ展を見に行って来た。
午前中の時間帯だったためか行列というわけでは
なかったけど、相変わらず日本の美術館は混んでます。

いわゆる巨匠の作品といえば教科書や画集で前々から
見ている。そのためか、本物を目の前にした時の新鮮さ
という点ではあまり大きくないような気がする。
もちろん、図版の色と本物の色は違うし、間近でしか
感じられない手仕事、創作者の息吹のようなものは
実際に目の前に立ってみないとわからない。
しかしながら、あらかじめ名画と教えられた作品を
再確認に行くという行為自体ある意味形骸化している
部分もある。

そもそも名画とは何か。今回の展示を見てみると、
やはりラファエロと他の同時代の作家の絵が並んだ
所を見るとやはり決定的な何かが違う。画面の
密度もそうだし手仕事の丁寧さや人物の表情など
何と言うか気持ちの入り方が違うというか。

以前父親に骨董商を育てるためには一級品ばかりを
見せるのだという話を聞いたが、いいものだけを
見ていてもなかなかわからない部分もあるのではないか。

まあ、早い話自分の絵を隣に並べてみるのが一番
早いんでしょうけど。模写とかね・・・。
そんな事を感じた展示でした。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

« blog topに戻る »

Blog menu

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。